名古屋を中心に愛知県内のホテル情報を紹介しています

名古屋名所案内(7)名古屋城

 名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城です。関ヶ原合戦の勝利を経て江戸幕府を開いた徳川家康は、大坂城の豊臣秀頼との武力衝突に備えて城の整備を進めました。そして江戸幕府が体制を確立する激動の時代に、濃尾平野を見晴るかす高台に忽然と巨大な城郭が誕生しました。現在の名古屋城は、西之丸エリア、深井丸エリア、本丸エリア、二之丸エリアに分かれています。本丸御殿を飾っていた重要文化財や刀剣・刀装具などを展示しています。実物大の金鯱(きんのしゃちほこ)もあり、目の前で写真が撮れます。
























「名古屋城」
電話番号・052-231-1700
入館料・大人500円、中学生以下無料
休館日・12月29日~31日、1月1日(4日間)
開館時間・午前9時~午後4時30分
アクセス・•名城線「市役所」下車 7番出口より徒歩5分、鶴舞線「浅間町」下車 1番出口より徒歩12分