名古屋を中心に愛知県内のホテル情報を紹介しています

名古屋名所案内(4)徳川美術館

 徳川美術館は、江戸幕府を開いた徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万数千件を収める美術館です。国宝「源氏物語絵巻」をはじめ、国宝9件、重要文化財57件など、徳川美術館ならではの種類の豊富さ、質の高さ、保存状態の良さを誇ります。なお、国宝「源氏物語絵巻」は徳川美術館を代表する収蔵品のひとつですが、原本は保存のため、年間の展示日数はきわめて短期間に制限しています。そのためレプリカを常設しています。

























「徳川美術館」
住所・愛知県名古屋市東区徳川町1017
電話番号・052-935-6262
開館時間・午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日・月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
観覧料・大人1,200円~、高校生大学生700円~、小学生中学生500円~
アクセス・名古屋駅より市バス 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき「名古屋駅前バスターミナル グリーンホーム7番のりば」 ~「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分)徒歩約3分。