名古屋を中心に愛知県内のホテル情報を紹介しています

名古屋名所案内(16)熱田神宮

 熱田神宮の創祀は三種の神器の一つ草薙神剣の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代に、日本武尊は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野でなくなられました。尊のお妃である宮簀媛命は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、大都会の中にありながら静寂で市民の心のオアシスとして親しまれております。宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されています。緑に溢れているので気持ちをリフレッシュさせるのに最適なところだと思います。

























「熱田神宮」
住所・名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号
電話番号・052-671-4151
アクセス・名鉄線「神宮前」下車徒歩3分